あしたのジョー 1970年版

ちばてつや先生の「あしたのジョー」は現代に至ってその人気を保ち続けている最高傑作のひとつであります。
かつては劇団天井桟敷主催によりジョーのライバル力石徹の告別式まで行われたというエピソードまであります。
寺山修司さん作詞の主題歌で知られるアニメバージョン(当時はアニメなんて言葉なかったからテレビマンガ)は誰もが知っているし、2011年には山下智久さんと伊勢谷友介さん主演で制作された実写版映画も話題になりました。

まさに現代に至るまでその人気を保ち続けている最高傑作なのであります。 » 続きを読む

きのうのあと

2014年に富山で撮影した短篇映画「きのうのあと」が久しぶりに富山市で上映されるみたい。
詳しいことはわからないんだけど、映画って、年月を経ても、こうして誰かに観て貰えることがある。
そんなところも「映画作りのよさ」な気がします。

いろんなところで紹介されてたりして、独り歩きしてる。
http://toyamalog.com/movie-yesterday-trailer/
作ってよかったです。

地獄の音

今日は花まつり。お釈迦様の生まれた日です。
ぼくは子供の頃から密かにお釈迦様を尊敬してますので、この日は毎年忘れません。
といいながら、信仰、というわけではなく、あくまで人間として尊敬する方、なので、その筋の方からはダメ人間かもしれないです。

と言うわけで、今日は地獄の音の話です。(と言うわけでってどういうこと)

1989年、ロシアで地質調査をしていたチームによって奇怪な音が録音されたという話をご存知ですか。
この奇妙な事件は当時フィンランドの新聞記事になり、通称「地獄の音」として反響を呼びました。
研究チームのAzzacov博士によると
「地下14400mまで掘り下げたとき、ドリルが急に軽くなった。そして送りこんだマイクからとんでもない音が聞こえてきた。」
ということなんだそうです。

なんでカメラじゃなくてマイクなんだ、というツッコミはこの際ナシにして(当時はカメラは大きく、高価でそんな地底に送れなかったのでしょう)この音を紹介した動画を貼っておきます。

結構真剣に怖いのでご注意の上、お聞き願います。・・・地獄ってあるのかしら。
もしあるなら地蔵菩薩様にお会いしてお話しを聞いてみたいです。

チャージマン研

一部で人気の1974年TBS系で放映されていた「チャージマン研」が相当おもしろくて好き。
突っ込みどころ多くて腹抱えて笑う。

ジャンル的にはそういう話でないのに。

実は当時は見てなかった。
もったいないことをしたなあと40年以上も経って後悔しております。
この頃はテレビばかりみてたはずなのに。
いまより圧倒的にコドモ向け番組も多かったものね。
いまでもテレビ見てる層ってあの頃見てた世代が引き続いて見てるだけなのかもとふと思いました。

1 2 3 4