上野駅

JR上野駅の現在の駅舎は昭和7年に建てられ、現在でも当時のままの姿を残している貴重な建造物なのですが、公園口や不忍口の利用客が多いせいか、駅舎については意外に知られていません。
東京駅のように、駅舎があることすら気づいていない利用客も多いのではないでしょうか。 » 続きを読む

テレビを見てる人

現代のテレビ好き層の方々といいますか、現代のテレビ視聴者の大半の方々は、私たちの世代、つまり昭和40年代から50年代にかけてのテレビ黄金時代に子ども期~青年期を過ごした人々であり、当時から現在に至るまでもテレビ視聴者の中心であり、継続して視ているだけなのかもしれないと、ふと思いました。

» 続きを読む

上野東照宮前の売店

先日上野恩賜公園を久しぶりに訪ねたら、動物園ゲート前の子ども遊園地が跡形も無く消えていました。
時代とはいえ、がっかり。おまけにあの周辺にあった小さな古い売店も無くなっていました。
パンダのぬいぐるみとか、売ってた、まさに昭和の風景が無くなっていました。残念。
時代とはいえ、ほんとーに残念。

が、しかし!!!!

» 続きを読む

月の松

安藤広重さん、と子供の頃に習ったのですが、現在は、歌川広重さん、となっているのですね。
「東海道五十三次」等の秀作で知られる江戸時代の浮世絵画家・歌川広重先生のことです。

その歌川広重先生の作品のひとつに「月の松」という名作があります。

当時の江戸・上野不忍池の風景を描いた貴重な資料でもあります。

» 続きを読む

1 2 3 4 5 7