やすらぎの郷

4月からテレビ朝日系で始まった倉本聰脚本のドラマ「やすらぎの郷」がおもしろい。

いや、まだ序盤だと思うので本当におもしろくなるのかはまだわからないのだが、とにかくおもしろくなりそうな気配がすることは確かだ。

「やすらぎの郷」という「テレビ黄金期を手掛けた者だけが入居できる秘密の超高級老人ホーム」を舞台に繰り広げられるストーリーなのだが、制作背景、出演陣、シナリオからして、もう最高に反体制的なのだ。明らかに若年層中心となっている「テレビ」を取り巻く「時代」をぶったぎっているのだ。

» 続きを読む