病草紙(やまいのそうし)

平安末期に描かれた「病草紙」(やまいのそうし)って絵巻があるんですが好きです。千年以上も昔のものなのに描かれる姿にしてもこういうの題材にするあたりも日本人って変わんねーと思う訳です。痔瘻のことだろうけど「尻に穴多き男」の申し訳なさそうな顔が特に好きです。「肥満の女」も楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA